流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

優雅で贅沢なひとりの時間


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160811000216p:plain

 

1人の時間

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

お題スロットの「ひとりの時間の過ごし方」に参加したいと思います。

 

私の家族は海外で暮らしていて、私は広いお屋敷で執事のセバスチャンと、メイドにばあやがお屋敷に住み込みで、ロッテンマイヤーさんをはじめとする家庭教師の先生方は毎日通ってくれます。

 

日々花嫁修業に忙しいのですが、たまに1人になりたい時もあるのです。

 

モーニングはお抱えシェフが作ったクロワッサンを軽くいただき、ランチも軽くサンドウィッチをいただきました。

 

お庭でのティータイムが終わればゆっくりとツルゲーネフの初恋を読もうと思ったので、セバスチャンに1人になりたいと告げました。

 

その時です。私の婚約者の座を争う素敵男子たちがお庭に乱入してくるではありませんかっ!!

 

「やめて!!みんな!!私のために争わないでっ!!」

 

そう叫ぶ私の声を聞きつけ、イケメン庭師が駆け付けてきて私のことを身を挺して守ってくれたのです。

 

こうして2人はいつしか恋に落ち、周囲の反対を押し切って駆け落ちをするのです。

 

嗚呼、恋の炎は誰にも、ええ、誰にも止められないのですわぁぁぁぁ~~!!

 

・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・という妄想。

 

現実

 

現実には、朝起きてシリアルにミルクを注ぎ、今日も朝から手の込んだお料理を作ってしまった。フッ。・・・と思いっきり勘違いの自己満足に浸るところから始まりました。

 

そして預かる予定の犬をこちらから迎えに行こうかと思ったとき、仕事関係の電話がかかってきて、またまた自分で対応できる以上のことを強いられて呆然となります。

 

ノーと言えない自分が悪いのですけど、こっちも困っていて~~・・・とか言われると、どうしても断れないのですよね・・・。

 

そんなこんなで私がモタモタしている間に、いつの間にか母が犬を散歩に連れ出していました。

 

お昼

 

ヒーヒー言いながら、なんとか普段の自分の持ち分を大急ぎで終わらせ、押し付けられた分に取り掛かろうとしたときに、お昼ご飯の時間だと気付きました。

 

こういう時は、美味しいご飯をしっかりと食べて体力も付けつつ、気力も充実させようと思い、居間に向かいました。

 

すると、父と母が犬を連れて出かけようとしているところでした。出かける予定は聞いていなかったのでどこに行くのかと聞くと、ドライブを兼ねて久々に犬と一緒に行けるお店でお昼ご飯を食べてくるというではありませんかっ!

 

「私にはそんな余裕がないから一緒に行けないよ?」と言ってみると、「あら?貴方も一緒に行くつもりだったの?」と返ってきましたよ・・・。

 

元から私は参加人数には入っていなかったようです。仕方がないので何か食べようと思ったのですが、「食パンくらいしかないよ」との母の言葉に、え!?となっていると、「何もないから外に食べに行くんじゃない。」と言ってみんなで仲良く出ていきました。

 

私のお昼ご飯は食パンです。食パンをトースターで焼くという、お昼も手の込んだお料理を作ってしまいました。フッ・・・。

 

 

犬と一緒に行くお店で、知り合いに会ったらしく、その人の家に誘われたからと言って夕食はお呼ばれするという連絡が入りました。

 

犬は親戚が帰ってくる時間になったら送っていくので心配いらないとのことです。

 

・・・私のことは心配してくれないのでしょうか。lllorz

 

一緒に暮らしているのに孤独。いついかなる時も孤独。そんな1人の時間に、そっと妄想に浸って現実逃避をするのでした。

 

全然優雅ではないのですが、時間を無駄に浪費していることは、ある意味贅沢と言えるかもしれません。

 

よく物語で夢オチは反則だと言われますが、その夢オチよりもさらに反則っぽい妄想オチでお題を使っちゃってスミマセン・・・。

 

1人の過ごし方

 

結局のところ、私の1人の時間の過ごし方は迫りくる厳しい現実と、襲い来る激しい孤独から逃れるために妄想に走り、ふと我に返って猛烈な虚しさに苛まれた結果、その捌け口を求めて今日もひっそりブログを綴るというところでしょうか。

 

あ、そうそう、忘れるところでしたが大事なことなので言っておくことにします。ロッテンマイヤーさんに日本の良いところへ案内することがあっても、お祭りには案内するのは避けたほうが良いですよ!

 

だって・・・どこに行っても・・・露店、満員や~。ロッテンマイヤーさんだけに。(≧m≦)ププ

 

忘れておけばいいものを、こんな時だけ忘れずに書き足すので、はてなブログ界でも孤独の道をまっしぐらに進む羽目になるのでした。