流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

安物買いの銭失い


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160526025548p:plain

 

今週のお題「わたしの一足」

 

私がまだ学生の頃に、一時期スニーカーにハマっていました。カジュアルな服しか持っていない私にとっては、スニーカーはとても合わせやすいというのもお気に入りの理由です。

 

たまたま学校の帰り道で見かけたお店で、とても格好良いスニーカーが売られているのに気付きました。

 

・・・私の画力が残念なので上のイラストでは格好良さはあまり伝わらないかもしれませんけど、実物はとても格好良かったのです。

 

一目見てすごく気に入ったのですが、その頃のお小遣いでは何足も買うことができないくらいのお値段だったのです。

 

さらに、そのスニーカーのカラーバリエーションも豊富だったので、慎重に一足を選ぶことにして、とりあえずお金を持ってもう一度お店に来ようと思い、急いで家に帰りました。

 

カタログに驚愕

 

家に着くと、新聞の間にシューズの広告が入っていることに気付きました。見てみると、先ほど私が欲しいと思っていたスニーカーにそっくりなスニーカーが、先ほどのお店の10分の1の値段になっているではありませんかっ!

 

これならお店で一足買うよりも、このカタログで全色注文してもお釣りが来るということに大興奮するケチケチ人間節約家。普段は動作が鈍いくせに、こういう時だけ素早く動いて、さっそく全色揃えることにしました。

 

カタログで注文してから数日後、待ちに待ったスニーカー全色が我が家に到着しました。嬉しくて、普段は外に出ないくせに、これまたこういう時だけそそくさと出かけるフットワークの軽さを見せますよ!

 

スニーカーに驚愕

 

届いたスニーカーを履いて外に出てから数歩歩いた時点で、履いた時の違和感の正体に気付きました。

 

・・・中敷がないよね・・・?ゴム底もペラッペラだよね・・・?生地が固すぎて、まだ数歩しか歩いていないのに靴擦れしそうだよね・・・?おまけに足もかなり疲れを感じているよね・・・?

 

ウキウキと出かけて家から数歩のところで、すぐさま家に引き返す羽目になりました。そして玄関で靴を脱いだ時に、さらなる衝撃が襲ってきたのです!!

 

白い靴下に、思いっきりスニーカーの生地の色がうつっていました。すぐさま現実を認められず、た・・たまたまだよね?他の色は大丈夫だよね?と、藁にもすがる思いで他の色の靴も履いてみました。

 

結果は同じでした。きっと靴下の生地が良くなかったからだ!と思い直し、靴下を変えて履いてみましたが、結果は同じでした。諦めきれずに全色試しましたが、全色ともやっぱり、結果は同じでした。

 

安物買いの銭失い

 

この後、最初にスニーカーを見かけたお店にダッシュして、カタログのシューズの10倍の値段でスニーカーを購入するのでした。

 

欲しかった色は売り切れていて、残っていたのはハデハデな赤色しかありませんでしたが購入したことに後悔はありません。

 

靴底のゴムは厚めで程良い弾力があり、中敷もバッチリで生地も固すぎず柔らかすぎず、なかなかの履き心地だったので、ハデハデの赤でしたけど後悔はありません。・・・ええ、ありませんとも!!

 

カタログスニーカー全色と靴下数枚を失って、得たものは靴擦れの痛みとフトコロの痛み、そして好みではなかったハデハデの赤いスニーカー。

 

こんなことなら、最初からこのお店で好みの色のスニーカーを一足買っておくのだったなどと、決して後悔なんて!!と、必死にやせ我慢して意地を張っていたのは懐かしい思い出です。

 

この時の教訓を活かして、今では最初からドカンとお買い物をするように・・・なることもなく、やっぱり今でも安物買いの銭失いのままという成長の欠片も見せない大人になっています。