読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

食べ放題の醍醐味


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160720233703p:plain

 

お誘い

 

昨日に高校時代のクラスメイトから久々に連絡があり、一緒にランチを食べようということになりました。

 

クラスメイトの家から少し離れたところに食べ放題のお店があって、いつか行ってみたいと思っていたのでランチはそこで良いかと聞かれ、即OKしました。

 

というのも、私もずっと食べ放題には憧れていたのです!・・・が、一緒に行ってくれるような友人がいない孤独人なので行くチャンスもなかったのですよね。

 

決められた金額を払うだけで、好きなものを好きなだけ食べられるなんて夢のようだとウキウキしながら、まずはクラスメイトの家にお邪魔しました。

 

小さなビル

 

クラスメイトの家で少しお喋りをしてから待ちに待ったお昼時間に、クラスメイトに連れられて向かった先は、歩いて15~20分くらいのところにあった小さなビルでした。

 

パッと見て入口もビル幅もなんだか狭そうだな・・・と思ったのですが、きっと奥行きがあるに違いないと1人で納得してビルに入りました。

 

クラスメイトに続いてエレベーターに乗り、ビルの3階で降りるとすぐにパスタ系のお店があり、どうやら先払いのようで支払いを済ませるとお店の中に案内されました。

 

お店に入ってみて思ったのは「狭っ!」ということです。期待していた奥行きもあまりなく、カウンターに並んでいたパスタやピザの種類もあまり多いとは言えない感じでした。

 

元を取る

 

種類はあまり多いとは言えませんでしたけど、せっかく食べ放題に来たのだから、できれば元を取りたい・・・いえ、それ以上に食べてお得感を出したい!と、食べる気マンマンで挑みます。

 

ギャル曽根さんになった気分でお皿の上にパスタとピザ、そしてなぜかポツンとあった唐揚げもお皿に盛りまくりました。

 

クラスメイトはサラダとピザ1カットとパスタ少々と唐揚げ2個をお皿に乗せて席に付き、私の盛り盛りお皿を見て「そんなに食べて大丈夫?」と心配顔で気遣ってくれましたが、これくらい食べないとお腹が膨れない食いしん坊なのです!

 

次行ってみよ~

 

種類は少なかったですが、好きなピザをたくさん食べたことと、パスタ屋さんには珍しい、昔懐かしのナポリタンがあったことでテンションが上がり、お腹も膨れたので満足していました。

 

私が自分のお皿に盛られたお料理を食べ終わる頃には、クラスメイトはとっくに自分の分は食べ終わっていて、待っていてくれました。

 

クラスメイトは先ほど私に「そんなに食べて大丈夫?」と聞いてきましたが、私のほうこそ聞きたかったです。「そんなに少なくて大丈夫?」と。

 

おかわりをする気配もないクラスメイトは、私が食べ終わったのを見て席を立ちながら言いました。

 

「じゃあ次行こうか。」と。

 

・・・え?(゚▽゚)

 

ポカンとなっている私に気付かずにクラスメイトは2階に向かいながら「2階はお寿司だよ!私お寿司大好き~♪」と嬉しそうに言いました。

 

言えない真実

 

私もお寿司は大好きです。

 

・・・が、まさか次があるだなんて思ってもいなかった私は、パスタ屋さんでシッカリと食べてしまったので結構お腹がいっぱい状態です。

 

先ほどクラスメイトが言っていた「そんなに食べて大丈夫?」というのは、まだ次もあるのにそんなに食べて大丈夫かという意味だったと知るも、後の祭りです。

 

ですが、私のケチケチ魂がお金を払ったのに食べずに帰るなんてありえない!と叫んだので、なんとか余力を振り絞ってウニやイクラなどの高そうなお寿司を狙いました。

 

個人的にはパスタ系よりもお寿司のほうが好きなので、パスタ系を食べるのをもっと控えてお寿司に全力を注ぎたかったという気持ちでしたが、とりあえず高そうなお寿司を1つずつ食べることができたので、それで満足することにしました。

 

大本命来たる

 

クラスメイトもパスタ系よりはお寿司のほうが本命だったようで、意外と食べまくっていました。

 

今度は私がクラスメイトが食べ終わるのを待っている側で、クラスメイトも自分のお皿に乗せたものを食べきったので満足そうに席を立ち上がりました。

 

「は~、もうお腹いっぱい~」と幸せそうに微笑むクラスメイトを見て、私も思わず微笑んでしまいましたが、その直後に笑顔は凍り付きました。

 

「最後はやっぱりデザートだよね!」という言葉に。

 

向かう先は1階で、そこにはケーキやアイスクリームなどいろいろなスイーツが並んでいるではありませんかっ!

 

大本命ですよっ!私にとってはスイーツが大本命です!!パスタ系よりもお寿司よりもスイーツ!!むしろスイーツだけ延々と食べて元を取りたい勢いですっ!!

 

・・・が、パスタ系で元を取ろうとして食べた後に、まさかのお寿司が来て、そこでも食べないと勿体無いと余力を使い果たしてしまったので、(自称)乙女の「秘儀・別腹」も発動しないくらいお腹いっぱいでした。

 

アイスを愛す

 

私の中ではメインのスイーツでしたが、すでにお腹がいっぱいいっぱいな状態だったため、カウンターに並べられたケーキや、クラスメイトが嬉しそうに頬張るお団子を恨めしそうに眺めるしかありません。

 

あまりに悔しいので、そんなにお腹が膨らむことがなさそうなアイスクリームをちょこっとだけ食べておきました。

 

本当ならケーキもお団子もわらび餅もアイスクリームも全種類食べまくってから、さらにお気に入りのスイーツをおかわりするところですが、アイスクリーム1種類をちょこっとしか食べることができないなんて・・・。

 

クラスメイトの話によると、実はこのビルは全体が食べ放題のお店で、4階が焼き肉で5階が和食なのだそうです。

 

和食は普段家で食べているということと、焼き肉は数日前に食べたということで、「そこは勝手に省いちゃってゴメンね?」と可愛い顔をちょこんと傾けて謝るクラスメイトでした。

 

醍醐味

 

可愛さを存分に発揮してくるクラスメイトを見て許さない人間はいないと思います。私も和食や焼き肉も好きですけど、省かれたからといって気にすることもありませんよ!

 

ですが、せめて最初にビル全体が食べ放題のお店だと教えて欲しかったですよっ!!

 

まあ、確かに最初に食べ放題のお店に向かって歩いているときに、「あのビルが食べ放題にお店だよ!」と教えてくれましたけども!

 

てっきり「あれが目的地だよ」と言われているのかと思ったじゃないですか・・・。まさかビル全体が食べ放題のお店だなんて思ってもみませんでしたよ!

 

勝手に勘違いしたことや、最初に詳しく聞かなかった私が悪いのですけどね。

 

食べ放題はいろいろな種類の中から好きなもの好きなだけ食べるのが醍醐味だというのに、そこまで好物でもないパスタ系をたくさん食べてしまい、好物のお寿司や大好物のスイーツがほとんど食べられないという悔しさを味わう羽目になるなんて・・・。

 

しかも、最後のほうは無理やり食べたために家に帰ってからは、胃のモッタリ感がひどくて夕食を食べられずに激苦な胃薬を味わう羽目にもなるなんて・・・。

 

おかげで、食べ放題に行った感想を書こうと思っていたブログも更新できませんでしたよ!

 

オマケに母の「元を取ろうと欲張って食い意地も張るからそんなことになるのよ!お母さんは情けなくて恥ずかしくて悲しくなるわ!」と言いながら、いつもの如く悲しさは微塵も感じさせない物凄い勢いの鬼の形相で怒りに震えていました。

 

そんな母を見て私は恐怖に震えるという、お腹の苦しさに嫌な+αまでも味わったのでした。