流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

素人、ペンタブに惚れる


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160708121142p:plain

 

ペンタブデビュー

 

以前の「素人、ペンタブに触れる」の時に購入したペンタブで昨日の七夕イラストを描き、無事にペンタブデビューを果たしました!

 

ペンタブはAmazonさんで一番安いものを購入しました。

 

 

色はホワイト・ミントブルー・ブラックの3種類から選べます。ミントブルーも綺麗だったので迷いましたけど、私は無難にホワイトを選びました。 

 

このタイプはSサイズしかなくて、機能もシンプルに基本的なものしかついていないとのことでしたけど、とりあえずイラストが描ければいいという気持ちだったので、それほどコダワリはありませんでした。

 

使った感想

 

これは凄い!ものすごく描きやすい!!もうマウスでは描けない!!と思ってしまうくらい感動しました。

 

マウスだと、1本の線を引くだけでブレブレになってしまうので、慎重に書こうとするあまりに腕や肩に力が入ってしまい、酷い肩こりになってしまうほどだったのですよね。

 

でもペンタブだとスラスラ~ッと線が引けるので、力も変に入れることなく腕も疲れることがありませんよ!

 

サイズも買ったときは小さいかもしれないと思いましたけど、それほど大きなイラストを描くわけでもないことと、置き場所に困らないということで丁度良いサイズだったと思っています。

 

大きいイラストも拡大や縮小を使えば描けるので、個人的にはあまり不便さを感じることなく描くことができています。

 

・・・まあ、今の残念な絵心では大きいサイズのイラストを描くことはないと思いますけどね~。

 

設定を変更

 

気になったのは、細かいところを書こうとすると(例えば点を描きたいとか)長押しになってしまって右クリック扱いになることが困りました。

 

でも、設定で長押しで右クリックのチェックボックスのチェックを外すだけで解決します。

 

他には、動きがモッタリする時があるな~と思っていましたけど、検索してみてフリック機能を外すと良いと書かれてあったので、試してみると動きが良くなった気がします。

 

右クリックとフリック機能は、他の方々も同じことを思っておられたようなので、私だけじゃなかったと、心強い気持ちになりますね。

 

それと、説明書は英語と中国語あたりで埋め尽くされていて、日本語のページはたったの数ページです。機能はシンプルでわかりやすいので、困ることはないと思いますけど、もう少し何とかならなかったのかな・・・と思わなくもないです。

 

あと、私はイラストを描くためにファイヤーアルパカというフリーのソフトをダウンロードしたので使いませんでしたが、何かお得なクーポンが2000円分付いていますよ!

 

使い心地

 

今まではずっとマウスを使い続けてきたので、いきなりペンタブに変ると慣れるまで大変かなと思っていましたけど、すぐに手に馴染みました。

 

イラストを描くのもマウスより違和感なく描くことができるので、すぐに慣れることができると思います。

 

ペンはとても軽くて、あまり力を入れるとペン先の減りも早くなりそうなうえに、タブレットにも傷がつきやすそうなので、力を入れ過ぎないように気を付けています。

 

もともと筆圧が強いほうなので、そこは慣れるまでに少し時間がかかりそうです。気が付いたら強く押し付けてしまっているのですよね・・・。

 

ペン先は予備に3本ついているので嬉しいです。Amazonで他の方々のレビューに何か敷いたほうが良いと書かれてあったので、タブレットの上にはコピー用紙を敷いています。

 

総合的に

 

惚れた!惚れました!何故もっと早く買っておかなかったのだろうと思うくらい大満足です。

 

もしペンタブを買ってみようかな?それともマウスで絵を描こうかな?と迷っている方がいれば、迷わずにペンタブを買ったほうが良いと言うと思います。

 

本格的に絵を描くというならサイズももっと大きいものや、液タブとか高いものを買わないといけないかもしれませんが、ちょこっとイラストを描くくらいなら、今回買った一番安いペンタブでも十分に楽しめます。

 

・・・ただ、やっぱりというか何というか、すごく描きやすいからといって絵が上手に描けるわけではないのですよね。

 

私は形から入るタイプなので、ペンタブさえ手に入れば絵が上達するんじゃないかという錯覚に陥りやすいのですが、昨日の記事の笹が笹に見えない酷いレベルが補正されることはありませんでした。lllorz

 

絵のほうはこれからも練習に練習を重ねて、精進したいと思います。