流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

ユニクロパーカーに告ぐ!


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160728172553p:plain

 

ユニクロへ

 

たまたまユニクロの近くに行く用事があったので、用事が終わった後に久々にユニクロに行きました。

 

相変わらず品ぞろえが豊富で、私好みのシンプルなトレーナーやシャツもたくさんありました。

 

とくに買う予定もなかったのですが、なかなか良心的な値段の物もたくさんあって、見ると欲しくなってしまうのですよね。

 

いつもはだいたい無地で灰色の長袖Tシャツを買うのですが、たまには違う形のものも買ってみようと思い立ちました。

 

以前の「違いのわからない女」での失敗を思い出して、しっかりと値段を確認することも忘れませんよ!

 

普段は忘れん坊のボンヤリ人間ですが、お金が関わる時はキリリと鋭くなるケチケチ精神を発揮します。

 

パーカー

 

いろいろな服を見ていると、薄手のパーカーが視界に入りました。

 

この薄手のパーカーは、なんとUVカット効果があって、手の甲が隠れるくらい袖も長めで親指を入れる穴まであいているという優れものでした。

 

おまけに、袖が長い服を着ると、なんとなく可愛いイメージがあるので願ったり叶ったりです。・・・まあ、あくまでも可愛い子や若い子が着てこそ可愛いのですけど。

 

あと、裾も長めだったのでしゃがんでも腰のあたりが見えちゃうなんて心配もなさそうです。

 

決して体型を隠したいからとか、そんなことではないですよ!ただただ、しゃがんだ時に腰が見えないようにと選んだだけで、決してボ~ンな体型が隠せてウシシとか思ったりなんてしてませんからっ!

 

別に聞かれてもいないのに必死に言い訳するキュッ・ボ~ン・ボヤ~ン体型です。

 

それはさておき、色の種類もたくさんあって選び放題だったのですが、やっぱり私の中の定番である灰色をえらんでしまうという冒険のできないタイプでした。

 

着用

 

薄手なので、アウターとして着ることもできるのですが、Tシャツ代わりとしても着ることができる感じだったので、暑い間はTシャツ代わりとして着用することにしました。

 

柔らかい素材で肌触りも良くて良いお買い物をしたな~とホクホク気分に浸っていたのです。・・・最初のほうは。

 

歩いたり座ったりしていると、いつの間にか裾が上がってきていて、ファスナーも軽くて柔らかい素材(プラスチックかな?)でできているせいなのか、お腹のあたりがポコンと膨らんでしまいます。

 

それもちょうど下腹のあたりなので、かなりのポッコリお腹に見えてしまいますよっ!!

 

違うんです!私はこんなポッコリお腹ではないのですっ!!本当はこんなにデデ~ンと大きく下腹が膨らんでいるわけではないのですっ!!

 

・・・ただ、ちょこっとポッコリなだけで。

 

「ちょこっと」というのも自己申告なのであまりアテにはなりませんけど、普段のポッコリよりも更に強調されたポッコリ感になって、全然体型隠しの効果がありません。

 

しかも、裾が腰よりも上に上がってくるので、しゃがむと腰も見えてしまうという相乗効果を発揮していますよっ!!

 

挑戦状

 

私が思っていた効果をことごとく裏切ってくれたユニクロパーカー・・・。どうしてくれるのですか!?どう責任とってくれるのですかっ!?もしかしてこれは私への挑戦状だと受け取って良いのですか!?

 

いいでしょう・・・。受けて立ちましょう。

 

パーカーのフードが単なるお飾りではないことを知らしめる良いチャンスです。ここはフードを深々とかぶり、フードの周りに入れられている紐をできるだけギュッと引っ張るのです!!

 

すると・・・何ということでしょう!!紐を引っ張るだけという匠の見事な技で、残念なビジュアル人間がさらに残念になるという思いもよらない展開です。

 

そう、これはどこからどう見ても「THE・ねずみ男」!!・・・に、なりきろうとしている残念人間。

 

こんなこともあろうかと、わざわざ、ええ、わざわざ灰色を選んだ甲斐があったというものです!!

 

どうだ!参ったか!?お洒落パーカーをこれほどまでに残念に着こなす客がいるとは、さすがのユニクロさんでも考えなかっただろう!!うわ~っはっはっは。

 

禁断の技

 

ですが、この技は禁断の技であることをここに記しておくことにします。

 

何故なら、ねずみ男~とニヤニヤしても、ユニクロさんやパーカーには一切ダメージがない上に、ねずみ男になりきっている私には、家族の残念な人を見るような視線が突き刺さり、その視線も痛ければ、自分自身もアイタタ人間だと自覚して大ダメージを食らうからです。

 

それはもう、正義感の強い鬼太郎くんだって目を背けたくなる勢いですよっ!妖怪すら恐れおののかせる威力を持つ妖怪っぽい人間ここにあり!なのです。

 

・・・ということで、恥ずかし過ぎて世間様に合わせる顔がないので、これからも闇に隠れて生きようと思います。早くマトモ人間になりた~い!

 

 そんな残念人間は、暗い定めを一緒に吹き飛ばせるようなベムさんやベラさんやベロくんのような仲間もいないので、一人で「皐月・さつき・サツキ」と呼び方の表記を変えて、なんとか3人いるように見せかけようと必死になる孤独人でもあるのでした。

 

どうだ!参ったか!!と言う前に、自分自身の存在に心が参ってしまいそうな今日この頃。lllorz