読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

軽い気持ちから重い現実を知る

絵日記 日常

スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20161113132957p:plain

 

お墓参り

 

昨日は天気も良かったので、久々に母方の家族のお墓参りに出かけました。

 

父方の家族のお墓は家の近くにありますが、母方の家族のお墓は少し遠いところの山の上の方にあるので、ついつい足が遠のいてしまうので申し訳ない気持ちです。

 

それでも、思い立ったらということで父に車の運転をしてもらいながら、皆でお参りすることにしました。

 

無事にお墓参りを終えて帰ろうとしたときに、水道の蛇口から水が出ているのを見かけました。どうやら誰かがきちんと蛇口を閉め忘れたようで、チョロチョロと水が出ていたのです。

 

父と母が水を止めようと言いました。私も水が出たままでは気になるのでその意見に賛成です。

 

父はハンドルを握っている状態で、母は助手席に座っていて道の反対側になるので、一番身軽に動けるのは私だと判断して「私が止めてくるよ」と言って、道路を挟んだ向こう側にある水道の場所に向かいました。

 

いざ蛇口を閉めようとした時です!

 

サッと視界に何かが飛び込んできました。風で何か飛ばされてきたのかな?と思って足元を見たのです。

 

そこには細い紐がありました。その紐は私の足のすぐそばにあり、まだ揺れていました。

 

でもその時に気付いたのです。風なんてまったく吹いていない状態であることに。

 

そしてよくよく見ると、蛇が活発に動いていたのです!!ものすっごくビックリして「うわぁはっ!!」と叫びながら後ろにジャンプしてしまいましたよ!!

 

重きを置く

 

よくテレビとかで、可愛い女の子が驚いた時とか怖い時に「キャ~」と可愛く悲鳴をあげますけど、あれはまだまだ余裕があると思いますね。

 

本当にビックリしたときは、か弱さとは程遠いような悲鳴をあげてしまいますから!

 

とりあえず、蛇に触れないように急いで蛇口を閉めて車に戻りました。

 

私は蛇を見るのは好きですけど、それはあくまでも自分が安全圏にいることが前提です。明らかに私に向かって攻撃的にジャンプしてきた危険な状態の蛇はさすがに怖いです。

 

しかも、急に飛び出してくる系は苦手なんですよね・・・。

 

急いで車に戻って、ドキバクと心臓がうるさく鳴っている状態を落ち着かせようと深呼吸をしていると、急に後ろに飛びのいた私を見ていた母が「あなたも素早く動けるときがあるのね~」と呑気なことを言っていました。

 

蛇が大の苦手な父に至っては、自分だったら腰を抜かして動けなくなっていたかもしれないので、自分じゃなくて良かった~と安堵のため息をついていましたよ!!

 

・・・父、母、私の驚きを軽くスルーしないで、もっと愛娘の心配に重きを置いて下さい。lllorz

 

それにしても、私が蛇口を閉める絶妙なタイミングに飛び出してきて驚かせてくれるなんて、私の気分もヘビィですよっ!蛇だけに。(≧m≦)ププッ

 

どんよりと重い想いを吹き飛ばそうと軽く駄洒落を繰り出した後、さらに空気が重くなったような気がしたのは気のせいだと思いたいです。

 

冬が始まるよ

 

どんなに怖くてビックリしても駄洒落は忘れないという私の能天気さを象徴するかのように、車のそばを黄色い蝶々が優雅に飛んでいました。

 

あれ・・・?今冬ですよね!?蛇といい、蝶々といい、こんな時期に活発に行動していても良いのですか!?冬に備えなくていいのですか!?

 

今年も私にはコワイモノはありまくり。冬が始まるよ!車の窓を開けて蝶を眺める時は車のヒーターをつけてあげる・・・。

 

そんな替え歌まがいなことを思っていた時、母が「景色の写真を撮らなくても良いの?」と聞いてきました。せっかく山の壮大な景色があるので、帰りに写真を撮ろうと思ってデジカメを持ってきていたことを覚えていてくれたようです。

 

さっそく写真を撮ろうとしたら、デジカメのバッテリーの調子がすこぶる悪くなりました。

 

今までも長い充電時間の割には数枚の写真を撮るだけで電池が切れるというご機嫌斜めっぷりでしたけど、今回はもう一枚も撮れない状態になってしまったのです。

 

仕方がないので、このまま電気屋さんに行ってデジカメを買うことにしました。年中冬のように寒い私の懐が、さらに寒くなりそうな極寒の冬が始まりそうです。

 

新デジカメ

 

いつものごとく自分のお金を使う時はやたら慎重になる私に、待ちくたびれて痺れを切らした母がお腹がすいたので早くお昼ご飯にしたいと言い出します。

 

いつもなら母に逆らうことはありませんけど、この時の私は100円でも200円でも安く買いたいとデジカメの吟味に勤しんでいました。

 

そしてやはりいつものように、母の機嫌が悪くならないように早く済ませたい父が「お金を払ってあげるから、もうその手に持っているのを買いなさい。」と言ってくれました!

 

しまった!こんなことならもっと高くて良いのを持っておけばよかった!!

 

ええ~・・・でもぉ~・・・そんなの悪いよぉ~・・・。でもそうぉ~?と、全く悪びれもなく遠慮もなくウキウキとレジに向かおうとしたとき、母が私のデジカメを見て言いました。

 

「またシルバー?たまには違う色を買ったら?ほら、赤とか良いんじゃない?普段だらりとして熱意を感じられないから情熱の赤が良いよ!」と。

 

母!自分が使うわけでもないうえに、さりげなく悪口を挟んだ口出しはやめて下さい。父もウンウンと母の意見に大賛成とばかりにうなづきまくるのやめて下さい。

 

・・・とは心の中で思ったものの、お金を出してくれるのは父だし、母にも逆らえないのでおとなしく赤いデジカメを選びましたよ!

 

最近のデジカメは小さくて軽くて性能も良くて機能も充実しているので買って良かったと思いました。(実際に買ったのは父ですけど)

 

重々しき事態

 

デジカメを買い終わり、昼食と夕食のぶんの買い物に行きました。

 

家に帰ると、母がウキウキしながら「あなたソフトクリーム好きだったよね?」と言って買い物袋から何かを取り出そうとしていました。

 

 

f:id:samidare_satsuki:20161113144547j:plain

 

 

ソフトクリームちゃうやん!チョコレートやん!!

 

・・・というのは想定の範囲内ですよ!母のことなので、どうせカントリーマアムのソフトクリーム味とかが出てくると予想はしていたので。

 

さらに「CHOICE(チョイス)も好きだったよね?」と言いながら買い物袋をごそごそしています。

 

私は子供の頃からブルボンと言えばホワイトロリータとルマンド、森永製菓と言えばチョイスとムーンライトが黄金コンビだと思っていました!(←勝手な思い込み)それくらい大好きなのでテンションも上がりましたよ!

 

 

f:id:samidare_satsuki:20161113144545j:plain

 

 

ビスケットちゃうやん!チーズパイやん!

 

母よ・・・何故このCHOICEをチョイスしてしまったのでしょうか・・・。私はビスケットのチョイスが好きなのですけど・・・。

 

あ、いえ、チーズパイのチョイスもシッカリと食べて美味しいとは思いましたけど、なんというか普通のチーズクラッカーを食べているようで・・・(←個人の感想です)

 

好きですけどね!?チーズ味のスナック菓子も大好きですけどね!?

 

チーズ味のお菓子が好きだと知っている母は止まりません。「あなたチーズ味好きでしょう?ポテトチップスも買ってきてあげたよ!」と言って買い物袋をごそごそ。

 

 

f:id:samidare_satsuki:20161113144546j:plain

 

 

ポテトチップスちゃうやん!チップスターやん!

 

さらに、チーズ味のかっぱえびせんも買ってきてあげたよ!と、またまた買い物袋をごそごそ。

 

 

f:id:samidare_satsuki:20161113144544j:plain

 

 

かっぱえびせんちゃうやん!かりかりツイストやん!

 

形が似てるだけで、全然違うお菓子ですよ!!母はそろそろカルビーさんに怒られるのではないかと心配になりました。

 

そんなことを思いつつ、かりかりツイストもパクリ。

 

Σ( ̄口 ̄)!!

 

固い!かなり固い!!しかも濃厚!!・・・あれ?私、これ、かっぱえびせんよりもかなり好きかも・・・。

 

なんて思ってしまって、母よりも私の方が先にカルビーさんや森永さんに怒られてしまいそうです。

 

こうして新しいデジカメで最初に撮ったのは綺麗なお花でも壮大な景色でもなくお菓子という勿体無い使い方をする私は、軽~くお菓子の袋を開けてしまい、体重が重くなるという重々しい現実を目の当たりにするのでした。