読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

動物に例えるならば


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160530000219p:plain

 

お題スロット

 

お題「自分を動物に例えるなら」

 

この前、「今週のお題」に参加したので、今度は「お題スロット」に参加してみました。毎日お題があれば、ずっとネタが尽きることなくブログを書くこともできるな~なんて思います。

 

実際に毎日お題があったとしても、答え辛いお題もあるだろうし、何より私は毎日更新できるほどマメでもないので、実際には難しいと思いますけどね。

 

今回のお題スロットの内容は「自分を動物に例えるなら」ということで、自己申告では間違いなく「ウサギ」なのです!いかにも小心者という感じで、コソコソしながらもそもそとエサを食べる。

 

しかも可愛い!ものすごく可愛い!!・・・あ、言ってみただけです。自分がものすごく可愛くないことは、さすがに自覚できています。

 

でも、自分に可愛さはなくても、なんとなくウサギかな~と思っていたのですよね。それを周りの人に言うと「え?ウナギ?」と、とりあえずわざとらしい聞き間違いをされた上に、口を揃えて「ナマケモノでしょ?」と言われますよ!

 

ナマケモノの実態

 

ナマケモノとは、長いかぎ爪を木の枝にひっかけて、ずっと木にぶら~んとぶら下がっているイメージですが、一週間に一度は排泄のために地上におりるのだとか。

 

それ以外は、食事に睡眠、交尾や出産を木にぶらさがったまま行うのだそうです。Wikipediaにそう書いてありましたよ!

 

ほとんどのことを何もかも木にぶら下がった状態で行うなんて、凄くないですか!?ナマケモノは怠けてなんていなくて、むしろ頑張っていますよ!一生懸命生きているのですよ!

 

熱く語る私の熱意が伝わったのか、私をナマケモノ扱いしたことを謝ってくれました。「ごめん、ナマケモノは一生懸命生きているのに、しかもよく見ると案外可愛い顔をしているのに、貴方(=私)と比べてしまうなんて・・・。ごめん、ナマケモノ!!」

 

・・・え?そっち?私にじゃなくて、ナマケモノに謝っていたのですね・・・。

 

私の実態

 

私と言えば、無駄に長い休憩時間を度々とろうとするナマケモノというよりも真の怠け者だそうです・・・。

 

ナマケモノは少ししか植物を食べないようですけど、私はガッツリ食べます。主にお菓子を。

 

木にぶらさがるなんて芸当はできないくらい貧力で、床に転がっていることが多いですね。オマケに「10倍の重力がかかって起きられない!」とか、「ラリホーマの呪文をかけられたから起きられない!」とか残念発言も多く、よく見ても可愛くはありません。

 

でも!こんな私でも一生懸命なのです!!・・・食べる事とサボる事に関しては。

 

スミマセン・・・。ナマケモノさん、スミマセン。あとウサギさんもスミマセン。こんな人間なのに比べちゃってスミマセン。

 

結局は自分でもナマケモノ(とウサギ)に謝りたくなるくらい、自分の残念さを目の当たりにしたお題なのでした。