読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

トラウマになりそうな映画


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160606144738p:plain

 

マイお題に挑戦

 

お題「トラウマ映画」

 

他のユーザーさんが参加できるブログのお題を自由に出題できるという「マイお題」というものがあると知ったので、さっそく参加してみることにしました。

 

ザッと見たところ、「マイお題」はあまり活発ではない様子・・・。もっと盛り上がってくれれば楽しいと思いますけどね。

 

マイお題のある場所・・・というか、マイお題があることすら知らなかったので、はてなさんももっと分かりやすくしてくれれば参加する方も増えるかも?

 

今回は、現在出題されているお題の中で私が答えられそうなお題「トラウマ映画」を選んでみました。トラウマというほどではないかもしれないですけど、強烈に心に残ってしまった怖い映画をご紹介したいと思います。

 

嫌な恐怖

 

まず1つめは、ホラー映画ではないのですが、そんじょそこらのホラー映画よりも怖いのではないかと思うくらいの強烈な恐怖心を植え付けてくれた「震える舌」です。

 

あの頃映画 「震える舌」 [DVD]

あの頃映画 「震える舌」 [DVD]

 

 

かなり昔に見た映画なので、記憶が曖昧になっていますが、確か小さな女の子が川で遊んでいるシーンから始まったと思います。川の近くには何かの工場があって、恐らく工場排水か何かだと思いますが、お父さんが「その川は危ないんだってば~。」と、女の子に川遊びを止めさせようとするのです。

 

女の子は気にも留めず遊び続け、やがて手を釘か何かで刺してしまい、指から血がプクリと出てくるのをじっと眺めているのでした。ここから破傷風にかかってしまい、光や音などで発作が出てしまうという内容です。

 

何が怖いかというと、発作を起こした時の女の子の叫び声が恐怖心を煽るのですよね。カーテンを閉め切って音もたてないように入院している女の子の病室の近くで、他の患者さんがご飯の食器をワゴンに乗せるシーンが、いかにも食器が落ちるというところで引っ張るのがニクイ演出です。

 

案の定、食器がガシャーンと落ちてしまい、その音で発作を起こす女の子に、医師が(女の子が)舌を噛んでしまうので歯を全部抜くという話をしたところで恐怖心がMAXになってしまい、ここから見るのをリタイアしてしまいました。

 

結末も気になりましたけど、心臓がバクバクでこれ以上見るのは無理でしたね~。「震える舌」よりも恐怖に震える私でした。

 

嫌な結末

 

2つめはゾンビが出てくるホラー映画の「バタリアン」です。ゾンビなんてこの世にいないので創作の世界だと余裕を持っていたのです。・・・最初のほうは。

 

バタリアン HDリマスター版 [DVD]

バタリアン HDリマスター版 [DVD]

 

 

軍の手違いでゾンビを手に入れてしまった若者たちが巻き込まれる内容です。ゾンビが収納押されているケース(?)を開けてしまい、中から変なガスが飛び出してくるのです。

 

そのガスがくせ者で、そのガスを浴びて(吸って?)しまうと、生きている人間もゾンビになってしまうのです。ゾンビを退治しながらも、自分がゾンビになっていく恐怖を味わうシーンがジワッと心に嫌な恐怖を与えてきますね。

 

さらに、ゾンビを燃やして倒したと思いきや、その煙が近くの墓地に降り注いでしまって、埋葬されていた死体がゾンビとなって続々と蘇ってきます。ゾンビに襲われてもゾンビになってしまうので、被害はどんどん広がります。

 

最終的に生き残った人達がゾンビが収納されていた場所に書かれていた緊急連絡先に連絡をして助けてもらおうとするのですが・・・。結末を言ってしまっても良いのかわからないので、あえて書きませんが、とても救いのない嫌な結末でドヨ~ンとした気持ちになりますよ!

 

お馴染みの恐怖

 

もはや説明しなくても誰でも知っていそうな「リング」です。最初、呪のビデオが途中で消されているのには「何てことしてくれるんだ!」と思っちゃいましたね。

 

リング コンプリートBOX [DVD]

リング コンプリートBOX [DVD]

 

 

こちらも貞子が登場するシーンとかよりも、嫌な感じの結末に恐怖を感じました。助かったと思ったら、実は助かっていなくて、自分の子供を助けるために自分の親を危険にさらす決断をしなければならないあたりもジトッとした怖さを感じさせます。

 

ただ、これを見たのは流行が過ぎてからかなり経って見たので、もはやビデオの時代は終わりそうな頃でした。ビデオテープやカセットテープは放置しているとテープが伸びたりして怖さも演出できますけど、DVDとかだったら怖さも半減しそうな感じがします。

 

貞子がSFとかのCGばりの画像で呪いのDVDを作っていたら、なんとなく嫌だな・・・なんて。そんなくだらないことを考えてしまう私の残念思考回路が一番の恐怖かもですが。

 

怖い対象

 

今回のお題に参加させていただいて、私は心霊やホラーも怖いものは大の苦手なのですが、それ以上に精神的にくるようなストーリーの映画が苦手なようだと気付くことができました。

 

そういえばサイコホラー的なものはほとんど見た記憶がないですね。見たとしても怖くなってすぐに見るのを止めちゃいます。結局のところ、ホラー全般は苦手だという大雑把な結論に達するのでした。

 

お題参加も楽しかったですが、今度は自分でもお題を出題してみるのも楽しそうです。もし誰も参加してくれない時は、志村どうぶつ園でタカさんに無理矢理ふられた時に自分で言って自分で笑うという技を編み出したDAIGOさんのように、自分で自分のお題に答えたいと思います。

 

・・・それって普通にタイトル考えて普通にブログを更新しているのと変わらないのでは?という正論をぶつけられるのが、ここ最近の恐怖です。