流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

買ったばかりでもう故障!?


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160716233246p:plain

 

朝の出来事

 

今日から3連休で、私も少しくらいは寝坊しても大丈夫だな~と安心していると、親戚が不調で病院に行きたいと言っているとのことで、パソコンで予約するために無理やり起こされてしまいました。

 

慌てて起きたので寝ぼけ気味だったのですが、落ち着いて考えればパソコンだけでなくスマホでも予約ができるのでは・・・と言う事実に思い至ります。言いませんでしたけどね。

 

急いで予約をして付き添いとして一緒に病院に行くと、暑さで水分補給のためにお茶ばかり飲んでいて、塩分をとることを怠ったための体調不良だということでした。

 

もともと高血圧ぎみなので、塩分を控えめにしていたところにお茶ばかり飲んでいたらしいです。そういえばニュースでも塩分も必要だと言っていたような気がしますね。

 

ポカリスエットとかアクエリアスを飲むのも良いのだそうです。でも、飲み過ぎると糖分が気になるので10倍くらいに薄めて飲むとより良いのだそうですよ!

 

個人的には薄味が苦手なので、できれば薄めずにゴクゴク飲みたいですね~。

 

そんな話をしていたら、親戚が予約と付き添いのお礼にと自動販売機でお茶を買ってくれました。

 

・・・ここは話の流れからお茶ではなくてポカリスエットとかアクエリアスを買ってくれる場面ではなかろうか?と思ったのは秘密です。

 

気持ちですよね!気持ち!お礼をしようとしてくれる気持ちが嬉しいので有り難く受け取りました。

 

お昼の出来事

 

お昼ご飯時に、さっき買ってもらったお茶を飲んでいたのですが、飲みきれなくて冷蔵庫に入れておいて後で全部飲もうと思いました。

 

・・・が、先ほどそこに置いたはずのペットボトルのキャップが見つからないのです!

 

おかしいな?と思いつつ、そばにいた母に「今ここに置いたペットボトルのキャップ知らない?」と聞くと、母は私の指先を指さして「それは何?」と聞いてきました。

 

・・・ペットボトルのキャップですよね。

 

ペットボトルのキャップを手に持ちながら、無い無いと探していたボンヤリ人間。まだ寝ぼけているのかと言われて恥ずかしいやら情けないやらです。

 

さらに、「かなり前にも同じことをやっていたよね?」と畳みかけられて、覚えていないことも同じことを繰り返している現実にもガックリな気分です。

 

夕方の出来事

 

いつもならスマホの電池は1日で使い切ることなく余裕で残っているのですが、今日は病院の付き添いに行ったので、待ち時間をアプリで遊んでいました。

 

最近の病院は待合室にいなくても順番が近づいてくればアラームで呼び出してくれるポケベル(?)を貸してくれるので便利ですね。

 

しかも休憩がとれるようにあちこちにテラスのような場所があったり、喫茶店やレストランまで充実しているので凄いです。

 

私と親戚はテラスのような場所で待ち時間をつぶしていて、スマホの電源も入れて大丈夫な場所だったので、アプリで遊んでいたのですよね。

 

親戚はスマホを持っているのですが、アプリを自分でインストールしたこともなく、ゲームのことは全く知らないようで、物珍しそうに見ていました。

 

親戚でもできそうなシークワーズをインストールすると興味を持ってくれたようで楽しそうに遊んでいたので良かったです。

 

予約をしたにも関わらず待ち時間が意外とかかってしまったために、電池を随分消費してしまったので、そろそろ一度充電しておこうと卓上ホルダーにセットしたのです。

 

・・・が、いつもならピラリ~ンと音が鳴ってランプも付くというのに、何の反応もありません。

 

おかしいなと思って何度か置きなおしてみてもやっぱり同じく反応がないままです。卓上ホルダーの接触が悪いのかと思って、ホルダーを外して直接スマホに繋いでもダメでした。

 

まさかコードが断線でもしてしまったのかと思って確かめようとした時に気付きました。・・・コンセントが入っていなかったことに。

 

そういえば昨日、自室から居間に持って行って充電したのでした。また自室に持って行ったときにコンセントに入れるのを忘れて置きっぱなしにしてしまっていたのでした。

 

夜の出来事

 

せっかくのハプニングだったので、どうせならブログに書いて恥ずかしさや情けなさでモヤモヤした気持ちを発散させようとパソコンに向かいました。

 

いつものように絵を描こうとして、この間買ったばかりのペンタブを握り、ファイヤーアルパカを立ち上げました。

 

・・・が、今度はペンタブが反応しないではありませんかっ!

 

もしかしてUSBケーブルが外れてしまったのかと思い、チェックしましたがきちんと繋がっているのを確認したので、一度ドライバーをダウンロードしなおしたほうが良いのかと焦りました。

 

まだ買ったばかりだというのに、故障だったら嫌だな~と思っていると、ふと手に持っていたペンタブが視界に入りました。

 

逆さまDA・YO・NE

 

ペン先と逆のほうをタブレットに向けて一生懸命絵を描こうとしていたようです。

 

今回はどれも故障していませんでしたが、もし故障していたとしても、恐らくそれよりももっとポンコツっぷりを発揮しているであろう自分のことが悲しく笑い話にしようと母に今日の出来事を伝えました。

 

「笑っちゃうよね~」と言いつつ笑ってもらおうと思っていたら「別に、普段通りでしょ。」と言われて、笑えない現実に直面した夜。