読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

100万円の使い道


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160703123857p:plain

 

今週のお題

 

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」に挑戦します。

 

現実的に言えば、私のささやかすぎる稼ぎで100万円を貯めるとなると、ものすごく大変なことですし、私の残念すぎる運気のせいで宝くじなんかが当たるなんてこともあり得ないです。

 

ですが、手に入らないからこそなのか、そういう感じのお話はやけに熱が入って、やたら真剣に考えてしまうのですよね~。

 

仕事でもそれくらい真剣になれれば、もっと稼ぎも良くなるかもしれないというのに、それができないのが私というものです。

 

そんな私が100万円手に入れたとしたら、パッと思いついたのは実は3個もあります。どれもこれも捨てがたいので、順番に紹介していきたいと思います!

 

1択め

 

やっぱり1番目はアレですよね!?Take2の東さんがよくやっているユキチハンカチ!!関西人としては、鉄板的なお約束は絶対に外せないのです!!

 

あ、でも待てよ!?美人は顔に汗をかかないと言いますよね?・・・ということは、私も顔に汗をかかないのでお札で汗を拭くことができないじゃないですかぁ~。わはははわははは

 

・・・スミマセン。

 

残念な顔を生まれ持った悲しい人間の戯言としてお許し下さい。こんな人間でも思想や発言の自由をお許し下さい。

 

顔に汗をかかない美人女優さんとかにちょっぴり憧れただけで、調子に乗って大きく出たことをどうかどうかお許し下さい。

 

誰に謝っているのか、謝るくらいならやめとけとか、そんなことを考えられない向こう見ずです。

 

2択め

 

2番目は最初の汗と少し関わりあるかもしれませんが、ユキチウチワです!お札をセンスのように広げて、「汗ばむわぁ~。」とか(山田花子さん風に)言って、セクスィ~に顔を扇ぎたいのです。

 

でも、もっと言うなら叶姉妹さんを囲んでいるような素敵メンズさんに扇がれたいな~なんて。キャ!イヤ~ン!!(嫌なのはお前だ!とか突っ込まれそうですが)

 

テレビで王様が美女に何かの羽でつくられたような大きな扇子で仰がれているシーンを見かけたことがあるのですが、あれってすごく離れているし扇ぎ方もゆっくりなのに涼しいのかな?という疑問も、これできっと解決することでしょう。

 

良いのかな?涼しさとか関係なくて、美人に扇がれているという事実だけで満足しちゃうのかな?と睨んでいます。

 

3択め

 

3番目は、私の大本命と言っても過言ではないユキチビンタです。

 

お札の束でホッペをペチペチされるなんて、これもテレビのシーンでしか見たことがないですが、ドキドキしますよね~。

 

お札に右の頬をペチペチされたら、すかさず左の頬も差し出す覚悟ですよっ!!

 

キリスト教の方々に聞かれたら怒られるか嘆かれるか、もしくはその両方かというくらいの斬新な解釈をしていてスミマセン。残念な子なのだな~という寛大なお心でお許し下さい。

 

その他

 

4番目のその他。もはや3択じゃないじゃない!というツッコミを自分でしつつ、やっぱり「その他」の選択も入れておきたい我儘人間です。

 

本当はユキチブロに入りたかったのですよね。でもさすがに100万円ではお札のお風呂というには枚数が足りないと思ったので、断念したしだいでございます。

 

あと、3択を全部ロースにして「サンタクロース!」というのも考えてしまいました。これもすでに3択ではなくて1択になるということで断念。

 

ここまで考えて、1~3も全部断念しておけば・・・という選択肢は考えられない無鉄砲でした。

 

現実的に

 

どれもこれもマトモな選択肢がないのは置いておいて、1~3のどれか(もしくは全部)を終わらせて満足した後に、とうとうお金に手を出すと思います。

 

きっと1~2万円くらいで食べきれないくらいお菓子を買って、それが母にバレて残りを没収されるというパターンが濃厚ですね。

 

お金を手に入れても残念、使っても残念、何から何まで残念としか言いようのない結果となりそうです。

 

そして、実際には100万円を手に入れられるわけでもないので、それもやっぱり残念なのでした。