読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

虫と動物たちの戯れ


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20160622213822p:plain

 

今日も夜更かし

 

いつものごとく自分の動作が鈍すぎるのと、無駄な休憩をやたら取り入れるために仕事の作業が滞ってしまい、気付けばとっくに日付が変わってしまっていたので、今日もやっぱり夜更かしをする羽目になってしまいました。

 

以前の「鳥たちの戯れ」でも書きましたけど、私はもともと朝がめっぽう苦手で、目覚ましは2段構えでセットしていて、それでも怪しい時があるくらいです。

 

ですが、少しでも起きるのが遅れると「いつまで寝ているの!?」と「大人になっても親に起こされないと起きられないの!?」という怒号とともに物凄い形相で部屋に乱入してくる母が怖いので、何とか起きるのです。

 

そしてやっぱり目覚ましセットする時間は母が部屋に入ってくる直前ギリギリで、母が乱入してきた時に起きてましたけど?と嘘くさい余裕を見せようと企むセコさは健在です。

 

虫の戯れ

 

今日はすぐに眠れそうだと電気を切りベッドに寝ころびました。ウトウトとして、ああ~もう眠っちゃう~・・・と意識が遠のきそうになった時です。

 

・・・ン・・・・~ン・・・・・ブ~~~ン・・・

ブゥ~~ン・ブゥゥ~~~ン・ブゥゥゥゥゥ~~ン

 

Σ( ̄口 ̄)

 

煩いよ!蚊!!わざわざ何度も何度も私の耳のそばを通過して、最終的にはわざと私の耳の横を飛び続けているのでは!?と思うくらい執拗に羽音を聞かせてきますよ!

 

正直に言うと私は虫が大の苦手です。・・・が、蚊だけはいざとなったら自分の手で直接倒すことができる唯一といっても良いくらいの存在です。

 

というのも、普段預かっている犬の飼い主である親戚から、できるだけ犬が蚊に刺されないように気を付けているという話を聞いていて、犬のためならと勇気を振り絞るからです。

 

最近ではデング熱やジカ熱が怖いとニュースでも見かけているので、犬だけでなく家族たちのためにも、できるだけ早めに倒すようにしています。

 

でも、犬のための緊急でなければティッシュを何枚も使って倒すので、母にティッシュが勿体無いとよく怒られますけどね。

 

話がそれましたけど、今回は犬が関わっていないので手にティッシュを持ち、電気をつけて蚊退治です!・・・と意気込んだものの、出てこない!さっきまで耳のそばをうろうろしていたのに出てこない!!

 

時間だけが刻々と過ぎていくので、これでは朝起きられなくなってしまうと思い、諦めて眠ることにしました。

 

そしてもうすぐ眠ろうとしたあたりで出てくるのですよね。また耳のあたりを飛んできて電気をつけて蚊退治に意気込むというのを繰り返し、ようやく蚊を退治することに成功しました。

 

猫の戯れ

 

蚊のせいでずいぶん時間を浪費してしまったので急いで眠ろうとベッドに転がり、またもやウトウトし始めた時です。

 

んぎゃ~・・・。微かに聞こえる赤ちゃんのような鳴き声。え!?これってもしかして真夏の夜とかの恐怖番組にありがちな心霊現象!?

 

虫も怖いけど、ホラーや心霊関係にも弱い私は何とか聞こえないふりをしようか、でももしかして置き去り事件とかだったら確認しないといけない・・・としばし葛藤。

 

カタ・・・ガタン・・・カタカタン・・・

ニャ~・・・ニャ~・・・ニャ・・・

 

な~んだ、赤ちゃんじゃなくて猫ちゃんか。そういえば、近所によく猫ちゃんがウロウロしているのを普段から見かけるな~と思い出して安心したので、気にしないで寝ようと思ったのです。

 

ガッタンバッタン!!ドッタンバッタン!!

ギャ~~~シャァァァァァ~~フギャ~~~~キシャァァァァ~~

 

Σ( ̄口 ̄;)

 

怖いよ!猫!心霊とは違った意味で怖いよ!!最初の可愛らしさはどこへ行ってしまったの!?

 

いつまでも続く騒ぎに窓を開けて確認すると、結構な貫禄のある猫2匹がのそのそと去って行きました。

 

犬の戯れ

 

猫ちゃんのことを心霊や置き去り事件と勘違いして恐怖に震えたせいなのか、なかなか寝付くことができずにゴロゴロと何度も寝返りを打っていました。

 

今日こそもう眠るのを諦めて、徹夜しちゃう?どうせもうあまり時間もないから、このまま徹夜して妙なハイテンションの中、さも早起きをしましたという感じで母を驚かせちゃう!?

 

そんなことが頭によぎったあたりで、ウトウトし始めてしまいました。もう起きる時間が迫ってきているので、起きておくほうが良いかも・・・と思えば思うほど瞼が閉じてしまって、やっぱり少しでも眠っておこうと思った時です。

 

ガサガサガサッザザザザザッ

 

ドゥルゥルゥルゥルゥ~~!!ウワゥッ!!バウッ!!グルァァァァ~~!!グシャシャシャシャ~~!!バウゥフッ!ガウガウ!!グルゥウウウウ~~!!

 

ダメ!吠えちゃダメ!やめなさい!マテッ!!マテッ!!ダメッ!!

 

Σ( ̄口 ̄lll)

 

ビックリしたよ!犬!闘犬ですか!?貴方たちは闘犬なのですか!?飼い主さんの必死さも伝わってきますよ!!

 

驚きのあまり、そっと窓に近づくと窓を開けるまでもなく、ドーベルマンとシベリアンハスキーが威嚇しあっているのが見えました。

 

そして今日も

 

近所で飼われているワンちゃん達は小型犬ばかりなので、おそらく少し離れたところに住んでいると思われるワンちゃん達が、暑くなってきたこともあるので、たまたま早めに散歩に出かけて、たまたま私の(正確には父の)家の前で出会った・・・。

 

そんな偶然の出会いに運命のいたずら的なものを感じたり、あまり見かけることのない大型犬の格好良さに見とれたりして、すでにテンション高めになっている私。あれ?これって徹夜明けとかにありがちなテンションだな~なんて思った時です。

 

ピピピピ ピピピピ ピピピピ ピピピピ

 

今日もやっぱりタイムリミットの目覚まし時計が空しく部屋の中で鳴り響くのでした。上がっていたテンションが一気に下がるのを感じた朝。