読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流され者

我が人生、流され、流され、流されて、一体どこまで流されるのやら。

調子に乗った者の辿る末路


スポンサーリンク

 

f:id:samidare_satsuki:20161005213552p:plain

 

調子に乗る

 

以前にひどいのどの痛みから数日間物を食べられなくなってしまい、ようやく復活を果たしてからは、美味しいものを食べまくりました。

 

・・・というのも、咳込んだりして食べられなかった時はアクエリアスをちゅ~ちゅ~しながら、なんとなくヨーグルトを温めたりして流し込んでいた状態だったので、頭では濃い味付けの食べ物が食べたいと思い続けていたからです。

 

のどの痛みと咳から解放されてからは、カントリーマアム祭りを楽しんだり、キャラメルシェイクを堪能したり、その他もお菓子を買いまくって食べまくりです。

 

・・・ええ、調子に乗りました。

 

ほとんど食べ物を食べられなかったところに、急に甘いものや冷たい物脂っぽい物、濃い味のものや刺激物をドカドカお腹に放りこんでいたのですよね。

 

胃に来る

 

この日もお菓子を買いまくって食べまくっていた夜のことです。急激に胃の温度が下がったような胸やけのような、膨満感のような症状に見舞われました。

 

あと、地味に痛い。

 

あ・・・これって、あれだ・・・。以前にも一度体験して、その時にお医者さんから規則正しい生活をしてストレスをためないで、甘い物・刺激物・脂っぽい物を避け、食べてすぐに横にならない、暴飲暴食を避けるとか注意を受けた逆流性食道炎だ!

 

そう思ったときはすでに遅かったのです。これ一度なるとまた数日たべられなくなっちゃうのですよね・・・。

 

以前はことごとく挙げられた項目に引っかかっていたので、気を付けないといけないと思っていたのに、すぐに忘れてしまう悪いクセを発揮。

 

母に「今度は胃に来たよ!」と言いに行きました。

 

「だから言ったじゃないの!!甘いものばかりじゃなくて、もっと野菜を食べなさいって!!」と、怒られる残念大人。

 

こうして、またしばらくヨーグルトを温めて流し込んだりする日がやって来たのでした。

 

野菜ジュース

 

さすがに食欲をなくして食べるどころか飲み物さえ苦しい想いをしながら飲んでると、母が野菜ジュースを買ってきてくれました。

 

「せめてこれでも飲んでおきなさい。」と出された缶入りジュース。

 

・・・私の気のせいでしょうか?「トマトジュース」と書かれてあるのは・・・。

 

ま、まあ、トマトだって野菜ですよ?でも野菜ジュースと言えば、いろいろな野菜が入っているジュースを思い浮かべるじゃないですか!?

 

これ、トマトしか入っていませんけど!?

 

・・・なんて決して口が裂けても言いませんよ。母が怖・・・せっかく買ってきてくれた思いを台無しにしたくなくて、おとなしくトマトジュースをいただきました。

 

私が野菜ジュースと言われて出されたトマトジュースをチュ~チュ~している頃、父と母、そして遊びに来ている親戚の子供たちは、それはそれは楽しそうにご馳走を頬張っていましたけど、気にしていませんよっ!

 

私がう~う~と横でゴロンゴロンしていた時も、楽しそうにキャッキャ言いながら皆でお菓子をつついてたことも、全く気にしていませんよっ!!

 

気にする

 

こんなに食べられない日が続いたというのに、やっぱり体重がちっとも減っていないことはかなり気になりましたけども!

 

ああ、また我が家の体重計が故障してしまったのだな~・・・と思っておくことにしました。

 

ちなみに、イラストの文字は血文字ではなくてトマトジュースで書かれてあるのをイメージしてあります。

 

あと、私は左利きでもないのにうっかり左手で文字を書いているように描いてしまったことに気付いたものの、そのまま気にせず、そして修正もせずにアップロードしたところは、もっと気にすべきだということは自覚しています。

 

今はようやく回復しつつありますが、今度は調子に乗らないように、しばらくは消化の良い食べ物を食べながら、徐々に普通食に戻していこうと思います。

 

なんだか最近私の周りでも体調を崩しておられる方が多いので、皆様もお気を付け下さいね。

 

立て続けに自分の不摂生からの自業自得で体調を崩していた私が言ってもあまり説得力はなさそうですけどね~。

 

 体調を崩していた間は皆さんの素敵ブログを拝見することが出来ないことばかりが気になっていたので、そうならないように健康のことももっと気にしたいと思いました。

 

イラストに描いてあるとおり、私をグッタリ状態に追いやった犯人はヤス物のお菓子を買いまくって食べまくった自分自身で、名探偵も呆れて物が言えないという調子に乗った者の辿る末路でございました。